UED向上委員会

ポケカガイジのブログ

週末はこれ見て過ごそう 第2回

こんばんは、やっと書く気になりました。

 

第2回は、超大物映画監督デビットフィンチャー

ゴーン・ガール」です。

 

初見でこんな何度も驚いた映画そうそう無いです。

予告編を見てから、見ることを推奨します。

 

5回目の結婚記念日に、突如消えた妻。荒らされたリビング、キッチンそして妻の血痕。

妻は生きているのか、どこにいるのか。

世間の疑いは、夫に向けられる。

上部の情報で報道するマスコミ。

その情報に扇動される民衆。

その先にあるものは。。。

 

前半、じっくりと真相に向かって行く。

そして、真相を知ってからは一気に物語が動く。

前半の静の部分では「ゾディアック」のような重々しい部分が生かされており、後半からの急展開は「ゲーム」や「ファイトクラブ」を連想させる。

 

この監督の作品を見たことあるなら分かると思いますが、後味の悪いもたせた終わり方が印象的です。

僕は、初めてこの映画を見た時1時間ぐらい唖然としてました笑。GWが終わってちょっと暇な時期ですが、完成度が非常に高い映画なので是非見てもらいたい作品です。

 

次回は、タランティーノ作品とかから選ぼうかな?

UEDでした。